女性ホルモンは体にどんな影響を与えるの?

女性ホルモンは、体に様々な影響を与えます。

 

女性ホルモンは、女性はもちろん、男性の体内でも分泌され、
多くの役割を果たしていますが、バランスが崩れた場合には、
体に悪影響を与えることもあります。

 

このサイトでは、女性ホルモンが与える体への影響について、
詳しく紹介していきたいと思います。

 

女性ホルモンとは?

 

女性ホルモンは、「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」の2種類があります。

 

特に女性らしい体つきを作るのに大きな影響を与える卵胞ホルモンのみを、
女性ホルモンと呼ぶ場合もありますが、
一般には卵胞ホルモンと黄体ホルモンとがバランスを保ちながら、
体を調節しています。

 

 

卵胞ホルモンとは?

 

卵胞ホルモンは、卵巣の顆粒膜細胞と外卵胞膜細胞、胎盤、副腎皮質、
また男性の精巣間質細胞で作られます。

 

女性は生まれたばかりの乳児の頃と、思春期とに特に多く分泌され、
女性らしい体つきを作るために大きな役割を果たしています。

 

男性の場合には、卵胞ホルモンが過剰に分泌してしまうと、
乳房が女性化するなどの現象が見られることがあります。

 

卵胞ホルモンの分泌量は、女性の場合、成人になるとピークを迎え、
初潮以降は、月経周期に応じて分泌量が変化します。
また更年期以降は、卵胞ホルモンの分泌量は減少します。

 

卵胞ホルモンは、乳腺細胞を増殖させ、女性らしい乳房を作ることのほか、
排卵の制御、脂質の代謝、血液の凝固、意識の女性化、皮膚を薄くする、
動脈硬化の抑制など、多岐にわたる働きをしています。

 

また思春期に身長が伸びるのも、卵胞ホルモンの作用によって起こっています。

 

卵胞ホルモンと似た作用を持つ物質として、
「植物エストロゲン」が知られています。

 

これは大豆イソフラボンなどが代表になりますが、摂取することにより、
更年期障害や、ある種の糖尿病の症状の改善に効果があります。

 

ただ大豆イソフラボンは、過剰摂取には注意が必要です。

 

 

黄体ホルモンとは?

 

黄体ホルモンは、卵巣の黄体から分泌されますが、
妊娠時には、胎盤からも分泌されます。

 

子宮を妊娠に適した状態に変化する役割を果たし、また妊娠した場合には、
出産まで妊娠を維持するための役割も果たしています。

 

また代謝作用にも必要不可欠で、血糖値を正常に保つ作用、
体脂肪を減少させる作用、利尿作用、
ホルモンバランスを調整する作用もあります。

 

黄体ホルモンは、肌に塗るクリームに、過剰な子宮内膜の肥厚抑制、
骨粗しょう症や更年期障害、生理不順、
月経前症候群などの症状の改善を目的として配合されることがあります。

 

黄体ホルモンはサプリメントとして経口服用しても、
肝臓で大部分が代謝されてしまうため、
医療目的で使用されることはこれまでほとんどありませんでした。

 

しかしクリームとして肌に塗ることで、
皮膚を通して黄体ホルモンが体内に吸収できるようになったと、
製造メーカーは主張しています。

 

ただこれらのクリームは、きちんとした臨床試験がまだ不足しており、
果たしてメーカーが言うとおりの効果があるのかどうか、
疑問の余地があるのが現状です。